愛銀Aiダイレクト

お知らせ

2017/02/20

「マネーフォワード」とのAPI連携サービスを開始いたしました

API連携サービスの取扱開始について

API連携サービスの取扱いを本日より開始し、第一弾として株式会社マネーフォワードの自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」との連携をスタートいたしました。

>>詳しくはこちら pdfが開きます

 【APIとは】
Application Programming Interfaceの略。
異なるシステム間においてデータを共有して利用するための手順やデータ形式などを定めた取り決めのこと。

愛銀AiダイレクトでのAPI連携サービス

お客さまに連携認証を行っていただくことで、愛銀Aiダイレクトで提供しております「残高」や「入出金明細」などの情報データを、より安全・より正確に外部企業が活用できるようになり、お客さまの利便性を高めるサービスです。

  【安全性UP】
従来は「会員番号」や「ログオンパスワード」などの認証情報を外部企業のサービスに登録する必要がありましたが、連携後は登録する必要がなくなります。
  【正確性UP】
従来は外部企業のサービスがWeb画面を解析して取得していた「残高」や「入出金明細」などの情報を、連携後はデータ形式で取得できます。
【図】API連携サービス開始前、開始後

「マネーフォワード」での口座連携について

「マネーフォワード」の金融機関口座登録画面で当行を選択いただきますと、愛銀AiダイレクトのAPI連携認証画面が表示されます。画面の案内に従って操作をお願いいたします。

連携認証には一定の期間(認可期間)を設けております。認可期間を経過した場合は、あらためてAPI連携認証の操作が必要となります。
愛銀Aiダイレクトでの登録状態が変更となった場合など、再度API連携認証の操作が必要となることがあります。

【重要】スマートフォンから「愛知銀行口座」と「マネーフォワード」との連携認証をご利用されるお客さまへ

2月20日以降、スマートフォンから「愛知銀行口座」と「マネーフォワード」との連携認証を行うには、愛銀Aiダイレクトの「ワンタイムパスワード」のご利用が必須となります。
「ワンタイムパスワード」をご利用いただけないお客さまは、パソコンからWeb版「マネーフォワード」にログインしていただくことで、連携認証を行うことが可能となります。

事前に愛銀Aiダイレクト「ワンタイムパスワード」の利用手続きを行っていただくことで、スマートフォンからの連携認証も可能となります。

>>スマートフォンでの「ワンタイムパスワード」の利用手続き方法はこちら

 

スマートフォンからは手続き完了後に「マネーフォワード」との連携認証を行ってください。

>>「スマートフォンでのAPI連携サービス操作方法」はこちらpdfが開きます

注意事項

  • 「マネーフォワード」は、愛知銀行が提供するサービスではありません。
  • 「マネーフォワード」に関するお問い合わせは、株式会社マネーフォワードの問い合わせ窓口に直接ご連絡ください。
close