Q1求める人材像は?
Aバイタリティーにあふれ、何事にも意欲的に取り組む人。
変化をチャンスと捉え、チャレンジ精神が旺盛で積極的に行動する人。
コミュニケーション能力に富み、誰とでも仲良くなれる人。
Q2内定までの流れは?
Aインターネットでエントリーしていただいた方にセミナーの開催予定や、今後の選考日程をご案内します。
3月下旬以降に単独会社説明会兼選考会を開催し、WEBテスト等を行い、6月より面接(3~5回)実施します。詳細についてはMY PAGEで順次確認ください。
Q3入行前に必要な資格などはありますか?
A取得しなければならない資格、採用に有利になる資格もありません。ただ、もし興味があれば証券外務員資格・FP技能士・簿記などの資格にチャレンジすることをおすすめします。きっと入行後の業務に活かすことができると思います。
Q4他県からの応募が不利になることはありませんか?
A選考はあくまでも人物重視です!!独身寮や社宅がありますので、採用選考上不利になるようなことはありません。
Q5愛知銀行の行風はどのような感じですか?
A金融業界のイメージとしてよく言われる堅苦しい雰囲気は無く、とてもアットホームな銀行です。「企業は人なり」の精神と、個人が自分自身を大切にしながら、相手と向き合っていることの現れだと思っています。
Q6採用後はどこに配属されるのですか?
A入行後、各営業店に配属されます。その後適性を考慮して、それぞれの係、あるいは本部へと配置されます。
Q7入行してからはどのような仕事をするのですか?
A銀行の支店業務は大きく分けると預金・融資・渉外の3つですが、皆さんはまずは預金業務から始めます。その後習熟度合いや適性に応じて窓口係や融資係、渉外係へと係替えになります。また、「預かり資産担当者」として、債券、投資信託、保険商品などの各種運用商品を店頭販売していただくこともあります。
Q8入行後にどのような研修を行うのですか?
A入行後、営業店に配属され愛知銀行の研修センターにおける集合研修に随時参加します。預金、為替、融資などの端末操作や商品知識のほか、ビジネスマナーや金融知識など、幅広く学んでいただきます。営業店におけるマンツーマンの先輩によるOJTと研修センターの集合研修を交互に繰り返し、学んだことを実践できる研修体系となっております。
Q9休日出勤はありますか?
A各支店では土日を利用して年3~4回程度、年金相談会や個人ローン相談会を開催し、平日には支店におこしいただけないお客さまのご相談に応じています。このような場合は休日に出勤することになりますが、必ず振替休日を取得することになっています。
Q10産前産後休暇、育児休業は実際に利用できますか?
Aもちろん利用できます。現在は結婚により退職する女性行員は少なくなっており、また出産後も同じ仕事で頑張りたいという方が増えていますので、育児休暇や、短時間勤務制度を利用する行員は増えています
Q11愛知銀行はどのような形で地域に貢献していますか?
A当行は銀行としての業務を通じて地域に貢献するほかに、銀行がもつ情報や人材を地域の振興のために活用したり、地域文化活動への参加など幅広い分野での協力をすすめ、地域社会のお役に立ちたいと考えています。具体的には1989年に設立した「愛銀教育文化財団」を通じて、地域社会の教育・文化活動にかかわっている個人・団体への助成活動や、経済評論家やジャーナリストを招き「愛銀文化講演会」を開催するなど、地域文化の向上に役立ちたいと努めています。
Q12愛知銀行の経営理念を教えてください。
A当行の経営理念は「行是」に明示されており、今後経営環境が変化してもこれを堅持し、地域に密着した存在感のある銀行であり続けたいと願っています。
【愛知銀行行是】
(1) 堅実経営に徹します
(2) 地域中心の営業に徹します
(3) リーテイルバンキングに徹します
(4) サービス精神に徹します
(5) 効率化、合理化に徹します
Q13愛知銀行の格付けを教えてください。
A当行は株式会社日本格付研究所(JCR)より「A+」(シングルAプラス)の格付を取得しています。「A+」は日本格付研究所の長期格付等級(10段階)の上から3番目にあたり、「債務履行の確実性は高い」という良好な評価です。