愛知銀行を彩る
個性たち。
「地域」を思う情熱は、
いつだって
彼らの胸の中にある。

人にはそれぞれ個性があるように、愛知銀行もまた、役割の異なる部署や職種によって組織が成り立っています。愛知銀行の一員として、さまざまな立場から地域の発展に貢献している社員の活躍を紹介します。

一般渉外

どんな要望にも真摯に、
そして誠実に。
それが「頼られる銀行員」への
近道。

VOICE 01 - JUNKO SAKAMOTO

就職活動時の面接官の印象に好感を持ち、愛知銀行への入行を決意。配属先支店の上司や先輩行員のサポートを受けながら、順調にステップアップ。本人いわく「恵まれた環境が自身の成長に大きく作用しています」とのこと。誰からも頼られる銀行員をめざして、日々奮闘中。

一般渉外

坂本 惇子

2013年入行

現在の
仕事内容

QUESTION 01

一般渉外として、法人・個人を問わず、自身の担当エリアのお客さまへの訪問活動をしています。渉外係の役割は、一般企業でいう「営業」にあたります。さまざまな業種・職種のお客さまとコミュニケーションを図りながら、個人のお客さまであれば預金や資産形成の提案を、法人のお客さまであれば融資の相談やビジネスマッチングの提案などを行っています。対象となるのは既存のお客さまだけではありません。新規開拓による新たなお客さまの獲得も渉外係の大切な仕事のひとつです。そのため、私にとっては担当エリアにいらっしゃるすべての方がお客さま。愛知銀行が持っている情報を頭にインプットし、日々の外訪活動を通して、自らの足でお客さまとの接点を築いています。

仕事のやりがい、
印象深い
エピソード

QUESTION 02

渉外係として外訪に出始めた頃、あるお客さまの相続に関する相談を受けました。その案件は相続人が多く、自宅以外にも不動産をお持ちだったことから、お客さまの不安や疑問を取り除くために何度も訪問。数ヶ月かかりましたが、無事に手続きが完了しました。誠意を持って接したのが伝わったのか、その後、改めてそのお客さまから「私自身が相続で大変な思いをしたから、子供たちにはきちんとした形で残したい」との相談をいただき、預かり資産の成約に至りました。さらには息子さんを紹介いただき、あわせて住宅ローンも成約。ご本人のみならず、お子さんやお孫さんに至るまで、多くの方の人生に関わることができるのは銀行員の醍醐味です。感謝の言葉をいただくことも多く、いつもやりがいを感じています。

今後の目標

QUESTION 03

預金係を経て渉外係になりましたが、まだ関わったことのない業務がたくさんあります。それらを経験し、銀行員として少しでもステップアップすることが今の目標です。また、少し先の目標になりますが、いずれはお客さまや、一緒に働く仲間、上司、先輩、後輩も含めて「坂本さんに任せれば大丈夫」と思われるような銀行員になることも、私が愛知銀行で成し遂げたい目標のひとつ。お客さまと真摯に向き合い、どんな相談や要望に対しても一つひとつ誠実に応えていくことが、その目標を達成するための近道だと思っています。個人から法人まで、あらゆる分野のお客さまに対して、自信を持って提案ができる渉外係になれるように、これからもさまざまなことに積極的に挑戦していきたいと考えています。

法人渉外

いつの時代も、
大切なのは「Face to Face」。
顔を合わせた数だけ、
絆は深くなる。

VOICE 02 - WATARU YAMADA

1年3ヶ月にわたって融資係を経験した後、渉外係へ。法人渉外として約7年間のキャリアを誇る。モットーは、営業としての介在価値を高めること。「もっとも親身に相談できる銀行員」を理想に掲げ、日々業務に取り組んでいる。

法人渉外 主任

山田 渉

2010年入行

現在の
仕事内容

QUESTION 01

法人渉外の役割として挙げられるのが、取引先との関係を深めるための営業活動や、新規開拓、それにともなう関連取引の強化です。とりわけ愛知銀行全体で力を入れて取り組んでいるのが、ソリューション営業による取引深耕です。お客さまとの対話の中から、求められていること(ニーズ)と、愛知銀行ができるお手伝い(サービス提供)を分析・検討し、お客さまに喜んでいただける提案へ結びつけていくことが求められています。より具体的な内容でいえば、担当エリアの中小企業・個人事業主のお客さまに対する融資や資産形成の相談、個人のお客さまへの住宅ローンの提案など。愛知銀行以外にもメガバンク、地方銀行、信用金庫などが競合するなかで存在感を発揮するために、「Face to Face」でお客さまと数多く会話することを意識しています。

仕事のやりがい、
印象深い
エピソード

QUESTION 02

愛知銀行だけに限らず、どの銀行でも「同じような商品」を扱っています。多少の金利差や商品内容に差はあっても、基本的にはどの銀行からお金を借りても同じだと思っているお客さまは少なくありません。その中で選んでいただけるということは、私という人間を通して愛知銀行を評価していただけた証。だからこそ、お客さまからの「ありがとう」は本当に嬉しい言葉です。そう思える背景には、あるお客さまとのエピソードがあります。以前、お客さまの業績悪化を機に、他の金融機関が融資姿勢を一変させる出来事がありました。その中で私は代表者との面談を重ね、打開策を模索。1年半をかけて業績改善への道筋を描きました。その結果、メインバンクを愛知銀行に変更していただけることに。物事の本質をとらえることの重要性を改めて実感したとともに、大変な思いをした分だけ、それに勝る喜びも感じることができました。

今後の目標

QUESTION 03

愛知銀行では「堅実経営」を経営理念としています。堅実であり続けることは、良くも悪くも一貫性を持ち続けることだと思います。その基盤となるのが、お客さまを大切にする風土、そして従業員を大切にする風土です。その風土のもと、私自身も愛知銀行の文化や伝統を受け継いでいきたいと思っています。正直、将来についての具体的な目標はまだ定められてはいません。しかし漠然とではありますが「一番に相談してもらえる銀行員・先輩・上司」でありたいと思っています。特にお客さまに対しては、より親近感と安心感を与えられる存在になりたいです。そのためには今以上の知識に加えて、専門性に秀でた得意分野を持つことが重要です。今後は事業承継にともなうニーズが多く発生することが予想されるので、税制面の知識をより一層深めていきたいと考えています。

オフィスリーダー

皆の思いをひとつに、
めざすのは
「より愛される銀行」。

VOICE 03 - SUMIKA IGIMI

入行以来、窓口業務、後方事務、預り資産担当と幅広い業務を経験。そのキャリアと能力を買われて、現在は営業店のオフィスリーダーとして活躍。預金業務と店頭営業の両立をめざすなど、さらなる成長を望むバイタリティは若手行員にとっての見本。周囲からの信頼も厚い。

オフィスリーダー

伊岐見 純佳

2007年入行

現在の
仕事内容

QUESTION 01

オフィスリーダーとしての役割は、大きく分けて二つあります。一つは、預金業務の検証および預かり資産を中心とした店頭営業。預金全般における事務処理の検証をおこなったり、混雑時に窓口の受付や後方事務の応援に入ったりと、皆が円滑に仕事を進められるよう店舗全体の動きに目を配っています。そしてもう一つが、後輩指導やCS(顧客満足)実践責任者としてCS向上への取り組み。定期的におこなっているミーティングや勉強会を通して、事務手続きの変更点やお客さま情報を共有するなど、CS向上に向けて皆が同じベクトルを向くよう意識の共有に努めています。その一環として、日頃から意識しているのが職場OJTです。「若い人材の成長によって職場は活気づく」というのが私の考え。若手行員に対してはできるだけ目の届く範囲でアドバイスを行っています。

仕事のやりがい、
印象深い
エピソード

QUESTION 02

今でこそオフィスリーダーという立場ですが、預かり資産担当者として経験が浅かった頃は、知識・経験不足のために金融商品を提案できない時期もありました。そんな時、支えになったのが上司や先輩の存在です。いただいたアドバイスを参考に、新聞やニュースなどで知識の習得に努め、お客さまとのやりとりでは同席販売を通してノウハウを学びました。もちろん、すぐに成果に直結するわけはありません。しかし地道に努力を重ねた結果、少しずつ相談してくださるお客さまが増えていきました。初めてご来店いただいたお客さまから投資信託をご成約いただき、ご家族にも紹介してくださった時のことは、今でもよく覚えています。今は、その経験を若手行員たちに伝えるのが私の仕事。指導した行員が成長し、独り立ちしていく姿を見るととても嬉しく感じます。

今後の目標

QUESTION 03

個人的には、各銀行で取り扱っている商品に大きな違いはないと思っています。だからこそ利便性や信用度はもちろん、他行と差別化を図るためには「人」が大きな鍵を握っていると思います。実際に、愛知銀行では各営業店において、一人ひとりの多能工化が求められています。ひとつだけの業務に特化せず、幅広い知識を身につけていく必要があります。その点、若手行員の指導や育成にも携わるオフィスリーダーは極めて重要な役割であると認識しています。営業店の円滑な業務運営をサポートできるように、私自身もさらに知識と経験を深めていく必要があると感じています。また、営業店にとって大切なことは、日々のお客さまとのコミュニケーションです。「人の温かみ」が魅力である愛知銀行の一員としての自覚を持ち、どんな相談にも真摯に向き合っていけるよう専門的な知識の習得に励みたいと思います。

融資係

初めての成功体験を通して
感じた、
今までにない達成感と
感謝の気持ち。

VOICE 04 - HARUKI KATSU

預金係としてキャリアをスタート。その後、ジョブローテーションに従って、6ヶ月を経過した時点で融資係へと係替え。仕事を通して、日頃から肌で感じているという「愛知銀行で働く人の良さ」に支えられながら、一歩ずつ着実に成長を遂げている期待の若手行員。

融資係

勝 春樹

2017年入行

現在の
仕事内容

QUESTION 01

融資係のおもな業務は、お客さまへの融資実行やその回収にかかわる業務全般です。一口に融資といっても、法人のお客さまから個人のお客さままで対象は幅広く、証書貸付や当座貸越など種類もさまざまです。その中で私は、融資の実行や回収に関する事務処理、それらに関わる書類の整備などを中心に担当。同時に、最近はロビーでお客さまをご案内する際の対応や、ローンの借り入れ相談についても徐々に経験を積んでいます。お客さまと直接話をする機会はそれほど多くないのですが、実際に契約締結の場面にも立ち会うなど、最近は責任ある仕事も任せられるようになってきました。今は勉強を通じて知識と経験を蓄積しながら、一歩ずつ着実に銀行員としてのスキルアップに努める日々。徐々に職域を広げていく中で、今後ますますやりがいのある仕事が増えてくるだろうと期待に胸を膨らませています。

仕事のやりがい、
印象深い
エピソード

QUESTION 02

もっともやりがいを感じるのは、自己成長を実感した時です。たとえば、同じ仕事を短時間でできるようになったり、今までは知識・経験不足のためにできなかった仕事を新たに任されたり。少しずつですが仕事の幅が広がっていく中で、愛知銀行の一員として戦力になっていく過程を肌で感じる場面も増えています。実際に、ローンの申し込みから実行までの一連の手続きを初めて一人で完結できた時のことは、今も強く記憶に残っています。最初こそ、お客さまの質問にうまく答えられなかったり、スケジュール管理の甘さから迷惑をかけたりする場面もありましたが、先輩や上司に助けていただきながら、なんとか最後までやり遂げることができました。その時に感じた、今までにない達成感と周囲に対する感謝の気持ちは、今も私の原動力になっています。

今後の目標

QUESTION 03

愛知銀行のジョブローテーションにより、2年目以降は渉外係として数字が求められる世界へと足を踏み入れることになります。そこで求められるのは、知識や経験に加えて、私自身の人間力。今まで学んできたことを活かして結果へとつなげていくためには、日々の努力の積み重ねが大切だと思っています。幸い、人材育成に力を入れている愛知銀行では、研修制度や自己啓発、自宅学習システムなど学びの機会が充実しています。恵まれた環境をうまく利用しながら渉外係としてのスキルを高め、自分の強みを磨いていきたいと考えています。そのためにも、まずは目の前にあることに全力で取り組むこと。そして一日一日を大切に、意識を高くもって日々を過ごすこと。その積み重ねが、必然的に結果となって表れると信じています。

本部(個人営業部)

経験のすべてを現場に還元。
若手行員の成長が、
私の喜びに。

VOICE 05 - ERIKA OISHI

就職活動中、たまたま利用した愛知銀行で行員の笑顔と丁寧な対応に惹かれて入行を決意。現在は本部の一員として勤務。自身の担当業務である研修講師や若手行員との同行訪問を通して、若年層行員の育成に注力。

個人営業部個人営業支援
グループ
アドバイザー

大石 恵梨香

2009年入行

現在の
仕事内容

QUESTION 01

本部組織の一端を担う個人営業部個人営業支援グループでは、おもに愛知銀行の営業店へのサポートをおこなっています。たとえば、預かり資産に対する意識や商品概要・市況についての知識向上など、銀行全体のレベルアップを図ることが第一の役割です。私はアドバイザーとして渉外係の外訪活動に同行したり、お客さまへのアプローチ方法をアドバイスしたりと、現在9店舗を担当。愛知銀行で取り扱っている各種商品や市況などについての店内勉強会、各種資料(成功事例や商品概要など)の発刊にも携わるなど、幅広い角度から若手行員の教育・指導・支援を行っています。毎日違う店舗に足を運び、毎日新しいお客さまと出会う仕事は、銀行業務の中でも特殊な役割です。どうしたらお客さまに喜んでいただけるか、営業店を盛り上げることができるかを日々、試行錯誤しています。

仕事のやりがい、
印象深い
エピソード

QUESTION 02

自分のアドバイスに対し、お客さまから良い反応をいただいた時の嬉しさは格別なものがあります。この仕事の醍醐味は、お客さまの役に立てることはもちろん、資産形成の方法を学び、情報を提供することで、喜びも感動も悲しみも辛さも、人として喜怒哀楽の感情をすべて味わえる点にあります。その点、アドバイザーという役割は私自身の仕事観において大きな影響を与えるターニングポイントになりました。アドバイザーになった当時は、人に何かを教えた経験がなく、不安で涙を流したこともあります。それでも周囲のサポートを受け、徐々にですが自分の仕事に対して自信を持てるようになっていきました。だからこそ、今は若手行員たちが成長していく様子を間近で感じられることが本当に嬉しいです。「大石さんのおかげで成約できました」この言葉を聞いた時、この仕事をしていて良かったと心から思いました。

今後の目標

QUESTION 03

今までの経験を活かし、「営業の魅力を伝えること」、「預かり資産の魅力を伝えること」、「後輩行員の力になる(育てる)こと」を意識して取り組めたら、と思っています。また個人的な目標としては、仕事とプライベートの両立も大きなウェイトを占めています。今後、さまざまなライフステージを迎えるなかで、今の働き方を継続できない時がくるかもしれません。しかし、愛知銀行は、たとえば結婚=退社や、職場復帰が難しいといったこともなく、女性にとって働きやすい環境が整っています。自分が人生のさまざまなイベントを経験することで、また違った観点を持ってお客さまに提案ができるのではないかと思っています。そんな未来図を描きつつ、まずは重要な銀行業務のひとつである融資係を経験するのが今の目標。お客さまに幅広い分野での提案ができるようになりたいと思っています。

本部(証券外国部)

運用業務は、
銀行の重要な収益源。
自覚と責任をもって、
次世代につないでいく。

VOICE 06 - MICHIAKI KOIDE

入行後、約9年にわたって内勤、一般・法人渉外を担当。その後、証券外国部へと活躍の場を移し、有価証券運用業務の後方事務、ディーリング部門、外国為替、中国へのトレーニー、海外進出支援業務などに従事。2016年、グループリーダーに昇任。

証券外国部 証券運用
グループ
グループリーダー

小出 道明

1994年入行

現在の
仕事内容

QUESTION 01

証券運用グループの役割は、お客さまから預かった預金のうち、事業法人や個人のお客さまへの融資を除いた一部資金を債券や株式などに運用して収益をあげること。運用商品の安全性を十分に考慮しながら、新規運用商品の情報収集、金融市場の見通しなどを踏まえて、最大の収益を獲得するための最適なポートフォリオを構築していきます。そのほかにも、新規運用商品の情報収集、金融市場の見通しやポートフォリオ構築のための企画立案の他、営業店向けマーケット情報の発信など、金融市場に関する幅広い業務を担当。私はグループリーダーとして、チームスタッフから提案された企画や案件について具体的に売買事項の指示を出したり、経営会議等での協議や報告資料の取りまとめをしたりと、有価証券運用のマネジメント業務を担っています。

仕事のやりがい、
印象深い
エピソード

QUESTION 02

運用業務は金融市場を主戦場とするため、マーケットの動きに左右されることが数多くあります。当然ながらリスクもありますし、局面的に厳しい環境に置かれる時もあります。しかしその分、期中の収益目標を無事に実現できた時の安堵感、達成感は格別です。また業務を進めていくうえで情報収集やそれに基づく戦略の企画立案は不可欠な要素ですが、完全なトップダウンではなく、現場発信による意見やアイデア提案も可能です。個人的には、これまでにない新たな取り組みとしてデリバティブを活用したドルの調達を企画しました。各部との調整やコストの問題など、いくつかの障壁もありましたが、半年ほどかけて実現。後に愛知銀行にとって新商品が誕生するきっかけにもなるなど、大きな達成感を感じた仕事として印象に残っています。

今後の目標

QUESTION 03

銀行業務はというと、預金、融資、預かり資産など営業店の業務を想像されると思いますが、それら以外の重要な業務として、営業店をサポートする業務があります。私が所属する証券外国部もそのうちのひとつ。なかでも証券運用グループは、マイナス金利をはじめとした昨今の金融情勢下において、銀行の重要な収益源となっています。その自覚をもつとともに、グループリーダーとして将来の運用業務を担う銀行員を1人でも多く育てていくのが私の仕事であり、当面の目標です。個人的には15年間、証券外国部で勤務していますが、まだやり切ったという思いはありません。時代とともに変化していく社会やお客さまのニーズに応え続けていくことで、これからも新しいことに挑戦し続けていきたいと思っています。

本部(法人営業部)

“事業承継”は、
国を挙げての課題。
ひとつでも多くの企業の力に。

VOICE 07 - KAZUMITSU WADA

支店・本部での勤務、また外部機関へのトレーニーなど、多彩なキャリアを持つ。ソリューション営業グループでの経験は約2年。対お客さま・対営業店の双方に対する細かな配慮は、過去に渉外係として培った営業経験が活きているという。

法人営業部
ソリューション営業
グループ
調査役

和田 一満

1999年入行

現在の
仕事内容

QUESTION 01

営業店と連携して、お客さまが抱えている経営課題の解決や、成長支援を目的とした提案活動をおこなっています。わかりやすくいえば「営業のサポート部隊」です。ビジネスマッチング、事業承継、M&A、シンジケートローン、海外ビジネスサポート、各種セミナーの企画運営など、さまざまな切り口や手法を駆使しながらお客さまを支援しています。その中で、私はおもに事業承継、M&Aに関する顧客サポートと、医療介護業界のサポート業務を担当しています。商品や金額ではなく“提案の質”が決め手となるため、日頃から自己研鑽に努めています。たとえば事業承継、M&A業務については、法務・税務・財務に関する知識が問われます。税理士資格を取得するなど、知識・スキルを高めることで自身の仕事の幅を広げています。

仕事のやりがい、
印象深い
エピソード

QUESTION 02

以前担当したお客さまで、後継者不在を理由に廃業を検討されている社長がいました。しかし業績は決して悪くなく、その社長が何よりも従業員の将来を心配していたため、私はなんとか企業を存続させる方法を模索。そして提案したのが、M&Aによる会社譲渡でした。その後、愛知銀行が持つ情報・サービス・ネットワークのすべてを駆使し、無事に某企業のグループに入ることで話がまとまりました。愛知銀行では、エリアや事業規模などによって渉外係の担当・役割が細分化されています。しかし、私が所属するソリューション営業グループにはそうした垣根はありません。事業規模や年商に関係なく、さまざまな企業が抱える課題やニーズに対して提案・サポートができること、またその提案やサポートがお客さまから評価された時は、とても嬉しい気持ちになります。

今後の目標

QUESTION 03

お客さまの良き相談相手・パートナーとして地域No.1の銀行になることが目標です。また「営業店のサポート役」という役割を通して、家族や友人、仲間が暮らす地域の発展に貢献できれば、とも思っています。そのためには、やはり知識・経験も含めて自分自身のスキルを一層高めていかなければなりません。特に事業承継に関しては、日本の中小企業にとってさらに深刻な課題になることが予想されています。愛知銀行としてはもちろん、私にとっても担当領域である以上、今まで以上に高い意識をもって業務に取り組んでいくことの必要性を感じています。これまで培ってきた経験をすべて注ぎ込み、お客さまに対してより良い提案をしていくことが自身の成長にも、お客さまの課題解決にもつながると信じています。