機能、サービス内容、操作方法などについて

取引明細は郵送されますか。

郵送はいたしません。ご照会いただける口座は、普通預金・貯蓄預金・当座預金・カードローンです。過去最大2ヶ月前の1日から照会できます。

インターネットバンキングではどのような取引が可能ですか。

残高照会・取引明細照会・振込/振替・税金、各種料金の払込み・定期預金取引・外貨預金取引・投資信託取引・住所変更、公共料金自動振替です。

詳しくはこちら

取引を確定した後に、その取引の取消はできますか。

外貨預金取引と投資信託取引を除き、一旦取引を確定した後の取消はできません。
振込の場合は、送金した資金を送金先金融機関より戻すお手続き(組戻)をご依頼いただけますので、愛銀Aiダイレクト会員カードをお手元にご用意いただき、愛銀Aiダイレクト総合案内ダイヤル(0120-5-12013)までご連絡ください。
電話受付時のご本人さま確認では、代表口座(普通預金)のキャッシュカードの暗証番号を入力していただきます。
キャッシュカードを発行されていないお客さまや暗証番号がおわかりにならないお客さまは、お手数ですが、本支店の窓口にご来店いただき所定の書類で組戻のお手続きをお願いします。
なお、ご来店いただく場合は、「お届印」「会員カード」「ご本人さま確認書類」をお持ちください。
振替、定期預金取引の場合は、確定した取引と反対の取引をお願いします。
外貨預金取引の取消につきましては「Q.外貨預金取引の取消はできますか?」をご参照ください。

愛銀Aiダイレクトを利用したとき、通帳にはどのように記帳されますか。

取引内容によって以下の表示が通帳に記帳されます。

  振替 振込 税金・各種料金払込(ペイジー)
振込資金 振込手数料
出金口座入金口座出金口座出金口座出金口座
インターネットバンキング(IB) IB振替 IB振替 IB振替 振込手数料 PE(収納機関名)
モバイルバンキング(MB) MB振替 MB振替 MB振替 振込手数料 PE(収納機関名)
  • 別途、お申込により受取人名の表示ができます。
    外貨預金取引では円貨預金通帳に「IB外貨普通」「IB外貨定期」の表示が記帳されます。
    投資信託取引では投資信託購入時に「IB投信ご購入」の表示が記帳されます。
操作の途中で接続が切れた場合など取引を確認するにはどうすればよいですか。

依頼内容照会画面でご確認ください。振込・振替、税金・各種料金の払込みなどの資金移動がともなうお取引の結果が確認できます。

入出金明細照会で照会できる期間はどれくらいですか。

過去最大2ヶ月前の1日から照会ができます。左記以前のお取引はインターネットではご確認いただけませんので、通帳でご確認ください。

モバイルバンキングサービスとは何ですか。

携帯電話でお取引いただけるサービスです。

モバイルバンキングで利用できない取引はありますか。

定期預金取引、外貨預金取引、投資信託取引、住所変更届・公共料金自動振替はご利用いただけません。

詳しくはこちら

オンラインマニュアルはありますか。

パソコンは各画面の右上に表示される「?」をクリック、スマートフォンはスマートフォンサイトに表示しています。

税金の納付はできますか。

当行所定のPay-easy(ペイジーマーク)が記載されている当行所定の払込書等の料金払い込みができます。

詳しくはこちら