01

KEYWORD

あい、ふれあい、きずきあい

地域社会の一員として、
地域とお客さまと、
ともに
豊かな未来を築いていく。

地域に密着した存在感のある銀行であり続けたい--。その思いを実現するため、愛知銀行がコーポレートメッセージとして掲げているのが「あい、ふれあい、きずきあい」です。「地域への愛」「お客さまへの愛」を基本姿勢に、地域に根ざした金融機関としてお客さまと密にコミュニケーションをとりながら、豊かな明日に向けて、手をたずさえ、ともに発展していこうという未来への意志が込められています。

02

KEYWORD

愛知で100年以上

地域に根ざして108年。
これからも、
地域から永く愛される
金融機関として。

愛知銀行は明治43年に日本貯蓄興業株式会社として名古屋市で創業しました。以来、地域社会とともに発展を続け、平成22年9月17日には「創業100周年」を迎えました。「堅実経営に徹し、業績の発展をとおして地域社会の繁栄に寄与する」姿勢は、当時から変わらぬ経営理念です。今後もこの経営理念を堅持することで、公共性の高い地域金融機関としての社会的使命を果たすとともに、地域から愛される「愛知銀行」として存在感を一層高めていきます。

03

KEYWORD

東海の街を支える店舗展開

地域を網羅する
店舗ネットワークを活かして、
より強固な顧客基盤を構築。

創業以来、愛知銀行は一貫して「堅実経営」「地域密着」に徹してきました。その方針は今も変わることなく、現在展開している愛知銀行106店舗のうち、名古屋市内の48店をはじめとした98店舗を愛知県内に出店しています(平成29年12月時点)。地域に密着したサービスを実施するために、より強固な顧客基盤の構築に努めながら、お客さまとの日々のふれあいを大切にしています。

04

KEYWORD

中小企業のお客さまの経営支援

企業と地域の発展を願い、
お客さまの経営支援を
目的とした幅広いサービスを提供。

愛知銀行では、中小企業のお客さまを対象にさまざまな支援をおこなっています。「成長分野支援」「海外進出支援」「事業承継支援」は、その最たる例。各種セミナーの実施や販路開拓、海外での商談会開催、事業承継やM&Aをテーマとした個別相談会、異業種交流会の企画・運営など、多角的なアプローチからお客さまの経営をサポート。足並みを揃えて企業の発展を支援することで、地域経済の活性化にも貢献しています。

05

KEYWORD

人材育成の愛知銀行

一人ひとりが
個性を発揮しやすい
成長環境づくりに向けて、
多彩な研修プログラムを用意

愛知銀行では、時代に即した教育体系による人材育成を重視しています。本部研修・OJT・自己啓発を人材育成の三本柱に据え、毎年、研修内容を変更。一人ひとりが能力を最大限発揮できるよう、最適なプログラムづくりを意識しています。また、本部研修と支店でのOJTを連携させたジョブローテーションなど、研修内容の習得度を高めるための取り組みにも着手。より良いサービスを提供するために必要なスキルを身につけることに力を注いでいます。

06

KEYWORD

地域との連携

産学連携をはじめとした、
地方創生への積極的な
取り組みによって
地域社会を活性化

各大学が有する学術研究結果と、愛知銀行が有する情報などのネットワークを相互に用い、地域産業の振興および学術研究の発展に寄与することを目的とした産学連携を推進しています。また、各地方自治体との円滑な連携を図り、地域の特色や資源などを活用したまちづくり、また地域産業の課題解決のための提案など、地域金融機関として地方創生に向けた取り組みを積極的に行っています。

07

KEYWORD

時代のニーズを先取りする
新店舗

バリアフリーから
ハイブリッド照明灯まで、
エコ対応重視の
店舗づくりを推進

愛知銀行では、より多くのお客さまに安心して利用していただける店舗づくりに力を入れています。たとえば、プライバシーに配慮した相談ブースの設置や、バリアフリー対応のほか、太陽光パネル、風力と太陽光発電によるハイブリッド照明灯など、時代のニーズに即した機能や設備を積極的に導入。店舗リニューアルを通じてエコ対応重視の店舗づくりを推進することで、さらなる顧客満足度の向上にも努めています。

08

KEYWORD

マスコットキャラクター
「リトルラヴィン」

地域の皆さまに愛され、
親しみを感じて
いただける
銀行をめざして

温かく親しみやすい子犬のキャラクター「Littlelovin(リトルラヴィン)」を通じて、より多くのお客さまに当行を知っていただきたい。愛知銀行の顔として、イベントやキャンペーンなどに参加し地域の皆さまと触れ合ってまいります。