つみたてNISA

  • あいぎんNISA<少額投資非課税制度>のススメ

つみたてNISA制度について

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは、将来に向けて長期間にわたり、継続的に積立投資を行うことで、非課税でお金を育てることができる制度です。

  • つみたてNISAとは?の図

  • つみたてNISAとは?の図

  • 制度期間は2018年から2037年までの20年間となります。

つみたてNISAのご利用イメージ

つみたてNISA口座では、毎年上限額40万円の非課税投資枠を使用して投資ができます。
非課税期間は20年間で、非課税投資枠は最大800万円になります。

  • つみたてNISAのご利用イメージの図

(出所:2016年12月8日発表の平成29年度与党税制改正大綱より作成)

つみたてNISAのリスクを抑える3つのポイント

長期運用

短期だと収益の振れ幅が大きい場合でも、長期的に運用すれば、平均的な収益率に収束し、安定的に収益を上げる効果が期待できます。

  • 長期運用の図

分散投資

一つの商品に投資をした場合、損失が出たときの影響は大きくなりますが、複数の商品に分散させることで、リスクを軽減できます。

  • 分散投資の図

ドルコスト平均法

つみたてNISAでは、投資信託を定期的に一定金額ずつ購入します。このような投資手法をドル・コスト平均法といいます。ドルコスト平均法では、基準価額が低い時には購入口数が多くなり、高い時には購入口数が少なくなりますので、基準価額に関係なく単に一定口数を購入していくよりも、平均購入単価を低く抑える効果が期待できます。

  • ドルコスト平均法の図

  • 上記の数字は、仮定のものであり、将来の成果をお約束するものではありません。
    また、相場下落時における損失を防止するものではありません。
  • 上記の例では手数料等は考慮しておりません。