ジュニアNISA

  • あいぎんNISA<少額投資非課税制度>のススメ

ジュニアNISA制度を理解する(1)

ジュニアNISAとは?

未成年者の方が利用できる制度です。
ジュニアNISAの口座開設期間は2023年までです。

  • ジュニアNISAとは?の図

ジュニアNISAのご利用イメージ

ジュニアNISA口座では、毎年上限額80万円の非課税投資枠を使用して、最大400万円まで投資ができます。

ジュニアNISA制度期間内に20歳になる場合※1

  • ジュニアNISAのご利用イメージの図

  1. 20歳になる前にジュニアNISA制度が終了してしまう場合、継続管理勘定へ移管し、お子さまが20歳になるまで非課税で保有可能です。新規投資はできません。
  2. ジュニアNISA口座取引時に指定預金口座として開設する普通預金口座(払出制限付)をいいます。

ジュニアNISA制度を理解する(2)

ジュニアNISAの制度イメージ

運用は原則親権者(父・母など)が代理として行い、18歳まで払出し制限がつきます。また、20歳以降はNISA口座が開設されます。

  • ジュニアNISAの制度イメージの図

  1. その年の3月31日において18歳である年の前年12月31日までは口座からの出金等の払出しが制限されます。
    3月31日時点で18歳である年の1月1日以降は払出しが可能となります。売却はいつでも可能です(例:高校3年生の1月1日以降)。
  2. 当行では運用管理者は、原則親権者となります。
  3. 当行での取扱いは公募株式投資信託のみになります。

ジュニアNISAの活用イメージ

ジュニアNISAを活用することで、非課税で運用しながら、教育・進学、ご結婚、お稽古ごと、スポーツなどに係る費用を準備することも可能です。

  • 用途は特定されておりません。
  • ジュニアNISAの活用イメージの図