金融犯罪にご注意ください

インターネットバンキングを悪用した詐欺にご注意ください

2017年3月31日

電話で「愛知銀行」または「愛知銀行の委託業者」を騙り、インターネットバンキングのIDやパスワードをお客さまから聞き出そうとする事例が発生しております。
当行行員や委託業者が電話などでIDやパスワード等をお聞きすることはありませんので、絶対に教えないでください。

全国の金融機関において、銀行員や公共団体職員を装うなどして言葉巧みに個人情報を聞き出し、本人に成りすましてインターネットバンキングで不正送金を行う詐欺被害が発生しております。

典型的な手口

  1. 銀行員を装って個人情報(口座番号・暗証番号・生年月日等)を聞き出し、本人に成りすましてインターネットバンキングを不正に申し込む(または本人に申込みさせる)。
  2. 後日、カードが届いた頃を見計らって再度連絡して会員カード記載情報を聞き出す。
  3. 入手した情報でインターネットバンキングを利用して不正に送金する。
  • 年金や還付金の受け取りにインターネットバンキングが必要だからという理由で銀行や公共団体(税務署・年金機構・市役所等)から連絡して口座情報をお伺いすることはありません。
  • 銀行員や公共団体の職員が、電話や訪問した際にキャッシュカードの暗証番号やインターネットバンキングの会員番号、パスワード等をお聞きすることはありませんので絶対に教えないでください。

不審な電話があった場合や申し込んだ覚えのないインターネットバンキングの会員カード等が届いた場合には、速やかにお取引店もしくは愛知銀行ダイレクトバンキングセンターまでご連絡ください。

相談窓口

【愛知銀行 ダイレクトバンキングセンター】

0120-5-12013 平日 9:00~17:00

(電話が繋がり、自動音声が流れましたら、[9]と[#]を押してください。)
発信番号非通知の電話、公衆電話および海外からはご利用できません。