健康経営の取組み

愛知銀行は、従業員とその家族の健康を重要な財産と位置づけ、戦略的に健康管理・健康づくりに取り組むことで、生産性の向上と組織活性化を図り、経営理念である「堅実経営に徹し、業績の発展をとおして地域社会の繁栄に寄与します」の実現を目指していきます。

1.あいぎん健康宣言の制定

~あいぎん健康宣言~

愛知銀行は、経営理念である「堅実経営に徹し、業績の発展をとおして地域社会の繁栄に寄与します」を永続的に行っていくため、従業員とその家族の心身の健康こそが重要であると考え、従業員一人ひとりの健康意識の向上、心身の健康増進、働きやすい職場づくりに取り組んでいきます。
また、金融サービスの提供や地域活動を通じて、健康で活力ある地域づくりに貢献していきます。

2018年10月1日

  • 具体的な健康施策の図

2.健康経営優良法人の認定

愛知銀行が実践する健康経営に関する取組みが評価され、経済産業省および日本健康会議が実施する「健康経営優良法人認定制度」において、「健康経営優良法人2019(大規模法人部門)~ホワイト500~」に認定されました。

健康経営優良法人ホワイト500の画像

3.主な取組み

(1)からだの健康

  • 定期健康診断の完全実施と事後措置の徹底
  • データヘルス計画に基づく効果的な保健事業の実施
  • 健康保険組合、事業所内産業保健スタッフと連携した健康増進活動の実施

(2)こころの健康

  • メンタルヘルス不調の未然防止策の実施
  • 休業者に対する個別サポート、休業からの職場復帰支援の実施

(3)働きやすい職場環境の整備

  • 長時間労働の是正
  • 多様で柔軟な働き方のサポート
  • 受動喫煙防止措置の徹底
  • 「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。