愛銀教育文化財団のご紹介

愛銀教育文化財団は、平成2年に愛知銀行を母体として設立いたしました。地域の教育、文化の振興に少しでもお役に立ちたいという当初からの目的は現在も変わらず、地道な助成活動を続けております。
おかげさまで毎年、助成先の募集に幅広い分野から多数のご応募をいただき、選考委員会では熟慮に熟慮を重ね、選考致しております。
なお、当財団は、平成24年に愛知県から公益認定を受け、公益財団法人へ移行しました。引き続き公益財団法人として、より一層地域の教育、文化の振興のお役に立つよう活動して参ります。
どうぞ、今後とも皆さまの変わらぬご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

公益財団法人愛銀教育文化財団
理事長 小出眞市

財団の概要

名称 愛銀教育文化財団
所在地 名古屋市中区栄三丁目14番12号(愛知銀行本店内)
設立日 平成2年4月1日
移行認定日 平成24年3月21日
移行に伴う設立日 平成24年4月1日
行政庁 愛知県
基本財産 8億6,847万円 (令和3年3月末現在)
拠出者 愛知銀行および関連会社
目的 愛知県内の各地域における教育・文化活動に対して援助を行い、教育・文化の振興に寄与することを目的とする。

事業内容

1. 地域における教育・文化に携わる個人および団体への助成

対象者

国・県など地方公共団体・それらの関係機関から助成を受けていないこと。

助成が反復継続でないか、助成金額が小額の場合はこの限りではありません。

教育および文化活動の維持発展に努力し、地道に継続的、独創的な活動を行っており、営利を目的としないこと。

教育活動とは、スポーツを含み、社会教育活動をいう。また文化活動とは、音楽、演劇、舞踊、伝統芸能、美術、工芸、文芸、郷土史研究等の分野をいう。

2. 高校生の文化および体育活動への援助

対象者

愛知県内の高等学校で、文化および体育活動の分野において援助を必要とするもの。

文化においては愛知県高等学校文化連盟、体育においては愛知県高等学校体育連盟の会長推薦を必要とする。

3. その他

上記の1.2の事業を補完する為、助成対象者(団体)の活動状況並びに教育・文化に関する情報を内容とした機関誌「Ayuchi」を発行しております。

令和3年度助成金等受賞者の皆さん(敬称略)

1. 一般助成(18件)

個人(8名)

  1. 北條 知子
  2. 水野 沙織
  3. 廣瀬 菜都美
  4. 深澤 伸友
  5. イミック 新子
  6. 尾崎 靖之
  7. 森田 朋
  8. 柴田 信夫

団体(10団体)

  1. 英語珠算研究会
    会長 黒川 譲二
  2. 東谷山湿地群保全の会
    会長 飯尾 俊介
  3. Klänge
    代表 木村 洋子
  4. コラボックル
    代表 佐久間 真理
  5. 半田少年少女合唱団
    団長 間瀬 孝一
  6. STRINGS
    代表 光本 基江
  7. プロジェクトSANFA
    代表 齋藤 敏明
  8. 名古屋朝顔会
    会長 丹羽 保夫
  9. 牟山神社
    氏子総代 花井 孝英
  10. 特定非営利活動法人フードツーリズム研究所 名古屋事務所
    理事兼名古屋事務所長
    大島 徹也

2. 高校生の文化及び体育活動への援助(7件)

  1. 愛知県高等学校文化連盟 歌舞伎鑑賞会
    会長 嶋田 麻知代
  2. 愛知県高等学校文化連盟 狂言鑑賞教室
    会長 嶋田 麻知代
  3. 名古屋市立向陽高等学校ジャズオーケストラ部
    校長 加藤 裕司
  4. 愛知県立岡崎東高等学校 JRC部
    校長 大野 正樹
  5. 愛知県立三好高等学校 陸上競技部
    校長 古井 成之
  6. 愛知県立西尾高等学校 登山部
    校長 鈴木 雅文
  7. 愛知県立旭野高等学校 陸上競技部
    校長 磯部 明嗣

ディスクロージャー情報

ご覧いただくにはAcrobat Readerが必要となります。Acrobat Readerはアドビシステム(株)のホームページから無料で入手できます。

  • リンク先は外部のWebサイトです。

令和4年度 (2022年)

令和3年度 (2021年)

令和2年度 (2020年)

令和元年度 (2019年)

平成30年度 (2018年)

平成29年度 (2017年)

平成28年度 (2016年)

平成27年度 (2015年)

平成26年度 (2014年)

平成25年度 (2013年)

平成24年度 (2012年)